×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 6月 

 勝手に訪問  2006/06/05(月) 

l_b1.gif




 仕様の変更があり、
屋敷を全開放している方の家に無断で進入できるようになりました。





 色んな趣向を見てみようと、小谷の屋敷探検。
今回は、招待されてなかった所を回ってみることにします。










 攻撃的な庭が印象的。
大砲だらけで、簡単には落ちない屋敷になってます。





いきなり私の考え付かない造りに、この先の期待が膨らみました(笑



次、いってみよー。












ぉぉー!!!


高座に鎮座する、ネコ招き(笑
ネタ系綺麗路線。なかなかのセンスを感じましたー^^






おし!次!!!
















 整然と並べられた置石。
屋敷に入るまでの通路なんですが、高級料亭の雰囲気が漂っていました。
落ち着きのあるしっとりとした屋敷でした。






次はっと。














 こんな門があったなんて!!!
高級感を漂わすには十分な門構え。
内門というのでしょうか。驚きました。






次!!!















 本当に人が住んでも快適に過ごせそうな屋敷です。
必要なものがそこにあり、本当に作ったら人気の宿となって
取材の申し込みが殺到しそうな感じです。


 いい屋敷だなぁー。










次!!!











飾ってある物の数は少なく、無駄を省いた美がありました。
大きな松と桜の相性がよく感じました。







次ー!!!










 完璧に揃えられた雛人形。
これほどの品揃えはそうそう見ることは出来ないと思います。
印象に残る空間が広がっていました。









次ぃ!!!













あぁ、なんか親近感が湧きます(笑
豆まきに疲れた感が感じられ、私と同じ空気を感じます(笑
嫌いではないなぁー^^








次ぃぃ!!!














今度は品物。




四神からのドロップ。
私の屋敷には、青龍の首はあるんですが
甲羅とか、羽はないのでいつか挑戦して欲しいアイテムの1つです。
白虎は何をドロップするんでしょうか?







 そして、その瞬間はやってきました。












 なんという威圧感でしょうか。
無数の狛犬と招き猫が並んでいます。





 庭に入った瞬間に思いました。
これは庭だけじゃない。この空気は屋敷の中も凄い事になってると。
恐る恐る屋敷の中を覗いてみると。






















なんじゃこれー(笑














 これは凄い!!!
何体の虎を倒したらこれほど集まるんでしょうかぁぁぁぁ!!!








心底衝撃を受け、屋敷ツアーは終了となりました。


















最後は自分の屋敷。


これはこれで私らしくていいやって事で。。。












 みんなの屋敷を回ってみて、個性がいろいろあり楽しかったですねぇー。
考え付かないような所も沢山あり、見ていて飽きませんでした。









b-line500.gif





 屋根のぼり 全国三ヶ所茶屋巡り  2006/06/11(日) 

l_b1.gif





 屋根の上に登ることが出来る茶屋。
それは全国に三ヶ所あると聞いたことがあります。




 美濃、遠江、三河






 しかし、遠江の茶屋の屋根にしか登った事はなく、
今回は、三ヶ所の屋根登り制覇を目論む一人旅です。











手当たり次第に美濃の茶屋を当たっていきます。

















 下からは登ることは出来ないと思うので、
近くに崖のある茶屋で、上から飛び降りる事の出来る所を探します。
























うーん、ここも無理そうだ。。。
























稲葉の町の東に、崖に面して建てられている茶屋発見します!!!


















右よーし、左よーし、足元よー!?



足元危険ーーー!!!













でぇぇぇぇぇぃ!!!












ずっしぃぃぃーーーーん!!!

















惜しかったけど失敗。











その後、







 場所を変えたり、飛び出し角度を変えたりして挑戦するものの、
あと一歩のところで乗ることが出来ません。







 場所探しからすでに1丹ぐらいの時間が経っているでしょうか。
そろそろ虚しくなってきて、帰ろうかなと思い始めた矢先。












愛華はな 「なにしてるの?」





1つの対話が入りました。

















 一緒に屋根登りに挑戦することとなったので、
今度は強行で挑戦することにしてみました。














あ、











予想外、一発目の挑戦で成功です。











初めて登った美濃の茶屋の屋根を満喫ですー。











屋根一周でもしますかぁー












いつもと違うアングルがとても新鮮。













無防備な茶屋親父さん。













空気穴もあって、大工さんいい仕事してます。












 と、一人で屋根の上を満喫していたんですが、
はなさんは、まだ登ることが出来ない様子。











 総重量なのか、総重量における割合なのか。


 同じ場所からのジャンプに明らかな差がありました。
当時の私のレベルは48、はなさんは55ぐらいだったでしょうか。






待っている間に箱の上に狙いを定め、乗ることに成功!!!















お約束の正座を決めて記念撮影。














 結局、ジャンプの飛距離の謎は解けぬままに、次の遠江に向かいました。



































ここの屋根には通算30回は登っているので、飛ぶ場所は頭に叩き込まれています。














間違いなくこの位置からのジャンプで成功するでしょう。












完璧♪

























美濃の茶屋も、遠江の茶屋の屋根も同じような造りでしょうか。




ただ、茶屋の椅子に乗るのは遠江の方が断然簡単です。





















茶屋親父さんとの記念撮影。










空中浮遊も決まったところで、最後の三河茶屋に向かいます。









 徳川に仕官されているはなさんが、三河の登れる茶屋を知ってるとの事なので追尾。






























着いた先は、岡崎城のすぐ横の茶屋。














 難しいと言われていた通り、
強行で何回飛んでも乗ることが出来ません。





何十回と挑戦したんですが。。。













 今回は時間が来てしまい諦めたのですが、
ここは確実に登れるポイントらしいのでまた挑戦してみたいと思います。













b-line500.gif




TOPに戻る